40代、僕の転職履歴と現在、そしてこれから

正社員転職回数計11回、その内40代での転職は3社目の僕。※相互リンク募集中。記事で紹介させていただきます。

退職迄の期限は法律で守られている…?

その通り、退職する際にあたっての法律はある。

僕自身、法律専門家では無いので、細かい事は省略する。
転職経験が多い自分が考える、
個人的な意見をここで書こうと思う。

 

働く環境によって、この記事に対して意義もあるだろうが、
あくまでも個人的な考えを書く。

 

ざっくり書くが、一般的なサラリーマンが退職する際、
就業規則よりも、民法が優先されるとある。

「当事者はいつでも、2週間前までに解約を申し出れば解約できる」

 

僕自身、それは権利として強行しても構わないと思う。

 

職場の全てが自分に合わなく、精神的にも追い詰められた…
今後の自分の将来を見据えても、今の職場を出来るだけ早く離れるべきだ…

 

会社に雇われるからこそ、雇われている人間を守る為の権利。

 

しかし、
僕個人がその”民法”を知っていて使わなかったのは…

 

その法律を言葉に出してしまう人は、
殆ど自分の仕事に対して、年齢に関係なく
自分を基軸とした、無責任な行動をして来たのを見てきたからだ。

 ____________________________________

僕は現在47歳だが、
僕より若い子達が、その法律を言葉にする事はある程度理解が出来る。

問題なのは、僕より年上の方が
そんな言葉を簡単に言ってしまう方の多さに、正直あきれる。
”自分は昔こうしてこう頑張ってこんだけの事をしてたのに…”、
”アドバイスしてもらっても、納得出来ない点があるかから…”、
そればかりで、仕事が進まない。

 

その経験をいかして、もっともっと頑張ればよいものの
”社長や会社の方針が気に食わないからやめる”
”あいつが腹立つからやめる”等々な理由で

 

辞めます!辞めたい!今月迄で辞めると思う!(?)

 

色々と転職経験がある自分としては、
約20年前から、経験してきた事。

 

僕が責任を取るからまず行動してみて…
と言って動いてくれるのは、若い人達。

 

僕が責任を取るからまず行動してみて…
と言って自分の考えにループして仕事が進まないのは
僕より年上の人たち。

 

クレームや修理依頼でも、電話で直接話をすると
残念ながら、”もと〇〇に勤めていたんだぞ!”
という方もおられた。

そんな人は、
会社の屋号だけで威張っていた人で、
今は誰からも相手にされず、
いまだに威張りたいだけでしょう…
と僕個人のストレスも吐き出しておく。

 ____________________________________

 

と、長々と書いてしまったが、
法律で守られているという事を簡単に言葉にしてしまう方は、
自分自身に責任が無い人、と僕は経験上そう思っている。

 

自分は悪くない、悪いのは政治や社会のシステム。
という、事を今思っているのであれば、

転職しても、結果は同じ。

 

会社を嫌で辞めた。
僕自身のスタンスやプライドは変えたくない…

な気持ちが少しでもあれば

誰でも転職が成功する訳が無い。

 

僕自身、以前の最悪な会社で苦しんでいた時がある。
弁護士を紹介する、という話は断った。
ただ、兄弟等の仲間からすれば、
”そういうお前にも問題がある”

 

その通り。そう言われても反論できないなら認めるべきと
考えているので、このブログを書いている。

 

最後に、
法律で守られているが、

 

転職しざるを得なくなった、自分自身の分析は出来ているか?

 

という事があれば、

法律でもなんでも使えばよい。

但し、自分も変わる必要が本当に理解できているか?
が大切だと思う。

 

それが嫌で、
まだメンタルに余裕があれば、

他の会社から引き抜かれる位、
明日の月曜から、より頑張って動いてみよう。

 

今回硬いブログになりましたが、
気軽にコメント頂けると嬉しく思う。

 

にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ
にほんブログ村