40代、僕の転職履歴と現在、そしてこれから

正社員転職回数計12回、その内40代での転職は4社目。

まだサラリーマンでいる僕自身の戯言

健康保険資格喪失証明書のダウンロードは下記記事を参照。

ketsuochan.hatenablog.com

 

僕自身、転職活動は開始している。

但し、会社での欠員が発生しているので、

しばらくその活動はゆっくりとなるが…

活動は引き続き続けていく。

 

MIIDAS(ミイダス)会員登録プロモーション

 

結局は社長の行動発言次第だが…

 

現在勤める会社の社長は…

ブラック企業と比較しブラック企業ではないと言い切る。

頑張れば給料に反映するといいながら、自分が基準。

安い給料でスーパーマンを希望する

細かいのは許せるが、要らない一言二言が多い。

クレーマー気質。

ほうれんそうを望むが、本人が出来ていない。

結局、自分が見えていない。

友達が少ない。

 

いわゆる、良くない会社の社長・経営者資質の総合商社。

 

それらの全てを上から目線で、完全なる否定から始まる。

結局、過去に何があったか知りたくもないが、

マウンティングを取りたがる。

 

自分の会社だから、好きにすれば良い。

社長だから、白を黒に、黒を白にも出来る。

 

結局、己自身の判断で、その場しのぎで人を変えて、

今年で2人退社。

 

本当に小さい会社で、一族経営でもない。

 

おそらく、ハロワ(ハローワーク、職安)の常連予備軍の会社。

 

MIIDAS(ミイダス)会員登録プロモーション

 

僕が、その会社全体の補佐として入社したが、

個性をも殺すその社長の下で番頭をする事は不可能。

 

なので転職を検討している。

 

社長は、”その年齢では転職もままならぬだろう”という事を僕自身に度々発する。

僕はそう思っていない。

この社長の会社で自分が潰されるより、転職といういばらの道を歩む事を

再前提と考えている。

 

しょうもない会社にいて、自分自身我慢出来ないなら、

機会を見て退職をしてやる。この年齢でも。

 

ただ悲しい事に、生活があるので、

転職する際は、家庭の負担にならない様、頑張っていく。

 

もし起業出来たなら、

この年齢になって、この転職回数で、まだサラリーマンでいる僕自身の戯言と言われようと、

社会的に羨ましがられる会社になる様努力する。

 

僕の子供たちにも勤められる会社を作りたい、という事を書いた。

 

どうせ今から起業を考えるなら、

忙しい事は必要だが、

全てに於いて、ストレスなく楽しみながら過ごせられる会社を目指したいと思う。

 

夢と思えば夢迄の話。

 

人生は一度。

 

どうせなら、死ぬまでにそんな僕が思う理想的な起業を目指したいと思う。

 

にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ
にほんブログ村 


転職・キャリアランキング