40代、僕の転職履歴と現在、そしてこれから

正社員転職回数計12回、その内40代での転職は4社目。

病んでいる

最近、友人(A君)と電話した時、

A君が、とある複数の同年代の人達から転職相談を受けたとの事。

 

A君は僕とずっと連絡を取りあう仲で親友だ。

僕の転職履歴も包み隠さず話している。

 

A君と電話して聞いていると、気になる言葉があった。

 

”転職をしたいと言っている人は、病んでる感じ…”

 

病んでいる?

 

 

親友からの又聞きなので、本当の事は分からない。

 

”病んでる”の意味が、職場の環境なのか、

自分への甘えなのか、今後の心配だけなのか…

そこまでは聞いてはいないとの事。

 

ただ、A君が相談の返答に困った時の返事のヒントとして

伝えた事は、

 

転職に踏み切れない人は、

辛い状況かも知れないが、比較的どこかにゆとりがある人。

僕みたいに転職しなければいけない状況の人間は、

そんな迷いを言ってられない状況だった。

 

転職先を見つけてから退職が理想。

そんな努力もしてきたが、

30代迄は出来た事で、40代以降は出来ない状況。

 

家で嫁が作っておいたお昼ご飯を食べながら、

”これが俺の仕事ではない、早く仕事を見つける事”

と情けない自分の気持ちが、僕の機動力だった。

 

転職を望む人は、

給与環境等の条件は悪くなる覚悟は、絶対必要。

ツテで入社出来ても、自分に合わない場合はより面倒になる事も多い。

その責任感の重さを本当の意味で理解しているのか?

 

現在の仕事内容・給与や待遇を維持した上で、

仕事環境のみを変えるだけの転職であれば、

転職を成功させられる可能性は低く、博打に近い行動。

 

僕個人の意見で、全ての人には当てはまらないが、

転職を考えている方で、
自分や家族、生活スタイルを変えられる努力できない人には
転職をお勧めできない。

 

精神的な事、メンタル的な事で

今後働けなる心配がある職場も経験してきた。

 

本当に辛い時は、

友人等に相談はするが、既に具体的な行動を起こしている筈だと思うから。

 

12回も転職してきた僕だから、言える事だと思う。

転職の辛さなんて、良くも悪くも人より経験してきた。

本当に辛い時は、嫁にも助けて貰ったし、

自分の情けなさと寝ると朝が来るのが嫌で、

寝る前に辛さをSNSに吐露する事もあった。

 

転職は、

自分が正直な気持ちでないと、行動できません。

 

自分の気持ちの甘さだけで、転職はご法度。

転職したいな…と思うのであれば、

先ず現職で自分を変えていく事をお勧めする。

 

きつい表現だが、

しがみつけ。

 

都合が良い転職を、僕達の年代で気軽に相談するな。

必要な人は、既に動いている。

 

にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ
にほんブログ村 


転職・キャリアランキング

転職、引っ越しするなら、早めに検討する事。

過去のニュースでもあった事で、

皆さんご存じだろう事だが…。

 

今後の引っ越し予定がある方は、

早めに予約しておかなければいけない。

[トレファク引越]引越・買取・処分を一括見積

f:id:ketsuochan:20200202185634p:plain

繁忙期の引っ越し

引っ越し業者様の繁忙期は、

3月から4月とされている。

f:id:ketsuochan:20200202185908p:plain

繁忙期


 

 

新社会人の引っ越し。

既に勤められる方の転勤。

転職における引っ越し。

学生の引っ越し。

…等。

 

人手不足が問題となる昨今、昨年同様に

引っ越し難民

となる可能性も大きい。

 

f:id:ketsuochan:20200202190035p:plain

引っ越し難民

繁忙期は必ず料金が上昇する。

 

引越と不用品買取なら[トレファク引越]

 

料金・値段が上がっても、

引っ越しの予約が出来たなら良い方で、

 

引っ越しの予約すら出来ない

 

事も当然想定出来る。

 

f:id:ketsuochan:20200202190249p:plain

予約出来ない

のんびりせず、早めに業者を押さえておく。

というのは理想論。

 

本当に引っ越しすべき答えが

集中するのはこれからだから…

動きたくても動けない…

 

のが正直な所で、その結果が繁忙期となる。

 

だから何もしないというのは後手後手になるので、

情報だけは集めておいて、

 

唾だけでも付けておく

のも良いと思う。

 

 引越し見積もりサイト

 

これから転職活動をする方、

既に転職活動をしている方。

 

良いと思って応募したい

という企業があったとしても

 

新卒採用

 

で採用担当者も忙しい状況と考えられる。

 

転職活動している方は、

その事も踏まえて行動する事。

 

僕の様に、

それどころでは無い転職活動されている方は、

少々急いで活動する事をお勧めする。

 

自分の引っ越し経験は、

また後日このブログで書くつもりです。

 

 

普通の引っ越しだったので、参考にはならないとは思うけど。

 

にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ
にほんブログ村 


転職・キャリアランキング

 

 

雇用保険の追加給付に関するお知らせとお願い

雇用保険の追加給付に関するお知らせとお願い

という書類が、

厚生労働省 職業安定局雇用保険

から、封筒で届いた。

 

f:id:ketsuochan:20200130013942j:plain

雇用保険の追加給付



 

現在の仕事に就くまでの求職期間中に

ハローワーク

で貰った書類やニュースで知ってはいたが、

封を開けてみると、やはりその書類だった。

 

転職を多く経験していると、

失業給付

を受ける機会が一般の人より多い自分だったので、

雇用保険の追加給付

に該当するだろうとは思っていた。

 

一般的な転職回数は3回~5回位だろうと自分では思っている。

世間では5回は多すぎる、と未だに言われていると思っている。

 

www.tabinotebook.com

 

転職はした事あり、ハローワークから失業給付は受けた。

しかし時間が経ちすぎて、その事すら忘れてしまっている。

 

しかし突然、

雇用保険の追加給付に関するお知らせとお願い

の通知が届き、詐欺案件と思う方も多いと思う。

 

現在詐欺案件が多い世の中。

 

先ずは自分の転職履歴、

そしてハローワークから失業給付された事の有無を思い出してみる事。

失業給付したが、思い出せない方は、

雇用保険追加給付納付相談窓口

に電話して確認する事。

 

雇用保険の追加給付

で支給される金額は、人それぞれ。

僕個人が、個人勝手で見込んでる額は、かなり僅か。

 

雇用保険で給料から支払っていた、そして現在も支払っているのだから。

給付で受けられるなら、たとえ少額になったとしても受け取るべきだと思う。

 

にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ
にほんブログ村 


転職・キャリアランキング

 

 

就業促進定着手当。期限切れでも申請した結果。

昨年11月末に、

ハローワークに申請した、

職業促進定着手当

 

提出期限は、令和10月11日。

思い出した時には期限が切れていたが、

インターネットで調べてみると、

2年の期間内であれば申請給付が可能と知ったので、

ハローワークへ電話で確認後、

令和元年11月30日、特定記録郵便にて。

申請書類を送付した。

詳細は下記の下記記事を参照してください。
ketsuochan.hatenablog.com

 

職業促進定着手当

期限切れで応募

した結果、

 

ようやく本日

職業促進手当支給決定通知書

が届く。

 

計算した額とほぼ同額でした。

 

家計が苦しい我が家にとっては、

本当に助かる。

 

職業促進手当支給決定通知書が届くまで

約一か月半掛かりましたが、

 

ミイダス

 

転職、ハローワーク、それぞれの情報として、

参考にしていただければと思います。

 

にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ
にほんブログ村 


転職・キャリアランキング

 

 

健康保険資格取得喪失証明書 令和

あけましておめでとうございます。

今年も引き続き、よろしくお願い致します。

 

前回ブログで書いた、期限が切れた職業促進定着手当への応募。 

ketsuochan.hatenablog.com

 一か月以上経ったが、まだ応答は無く。

電話しようとも思ったが、しばらく様子を見てみようと思っている。

 

個人的な話になるが、年末に

インフルエンザ A型

にかかってしまう。

家族皆がかかってしまったので、

我が家はパンデミック

状態だった。

 

吸いたいタバコも吸えず、

かなり飲むお酒の量も減り…

と書いてしまうと健康的な体になると考えられるが…

 

普段普通に出来ていた事が出来ないという事は、

正常な体に戻っていない証拠である。

それはかなりストレスでもあり、

今年49歳を迎えるに当たって、体力の無い現実を実感した。

 

明日の令和2年1月6日から仕事。

ようやく、体力が戻ってきたかなと思う。

それより、

 

気持ち負けする自分

 

を実感したこの年末年始だった。

 

約一年前は、こんな記事を書いていた。
ketsuochan.hatenablog.com

 

仕事に就き、幸い良い環境で頑張られる会社。

良い会社に勤められ、年を越せたのは本当に嬉しく思う。

 

明日からの仕事初めから辛い方も多いと思う。

実際色々な会社を経ている自分も、その境遇にあった事もある。

 

家族に、家族だからこそ相談し、辛い事も乗り越え、

年収は悪い自分だが、協力して今年も正月を迎える事が出来た。

 

今から今後僕がするべき事は、

嫁へ恩返しする事。

 

僕の不安定な仕事のせいで、迷惑ばかりかけてきた。

それでも、その中で家計をやりくりし、楽しい家庭を築けて来られた。

 

子供たちには、父である僕の苦労する姿を見てきただろう。

父として頼りなく映ったかもしれない。

 

でも子供たちには、苦労する父を見てくれた方が良い。

彼らが世の中に出た時に、苦労というのは必然だと思って欲しいから。

 

綺麗事だけで社会は成り立たない。それが理想であったとしても。

 

僕なりの答えは、

強くなる事。

弱い自分も認める事。

損しても他人の責任にしない。

弱い人には優しくなる事。

 

自分が弱い事を認めた上で行動すると、

辛い事が本当に多く、長い道のりになるかもしれないが、

自分に無い強さを持った人間が多く集まる。

 

今年49歳になる僕だが、

今までそうだった事が多い。

現在でもそうだろうと思う。

 

弱さは強さ。

 

自分に正直に生きて、辛くとも笑顔で人と接する。

 

積み重ねる事は大変な事。

 

それらが積み重なり、現在の自分が居る。

 

人を思いやる心を貫き通す。

 

それが僕流の生き方であり、

転職を重ね、現在でも暖かい我が家がある。

 

年始早々うんちくブログになりましたが、

今年転職を考える方、

今必要な転職なのか?

それは本当に必要である転職なのか?

転職した後のリスクは本当に理解しているか?

その転職を他人の責任にせず、自己責任だという事は分かっているか?

家族等、身内には正直に話しをした上での転職か?

という事を考えた上で

必要な方は慎重に行動をすべき。

 

本当に仕事環境が危険な状況で

転職すべきと判断された方はそれを応援します。

 

そういう状況になった事もあるので…。

 

このブログで書いてきた

健康保険資格取得喪失証明書

を、令和仕様で再度アップロードしておいた。

 

転職は個人の自由。

転職する迄の健康保険の手続きは、

なにより早く手続きする事をお勧めする。

 

note.com

 

 

仕事初めが嫌で

色々と考えてしまうのも分かる。

 

そんな時は、

早く寝て朝早く起きてみる。

朝早く起きれなくても、

普段通りの時間に起きればよい。

 

明日一日を先ず乗り越えよう。

 

にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ
にほんブログ村 


転職・キャリアランキング

 

あまり知られていない、就業促進定着手当。そしてアンケートと2年の時効。

あまり知られていない、就業促進定着手当。

知っていても、した事が無い、就業促進定着手当。

 

僕は知っていたが、今までした事が無い、就業促進定着手当。

 

就業促進定着手当

とは、

再就職手当の支給を受けた方で、再就職先に6か月以上雇用され、

再就職先での6か月間の賃金が、離職前の賃金よりも低い場合に、

基本手当の支給残日数の40%~30%を上限として、

低下した賃金の6か月分を支給するものです。

 

という事です。

 

凄く簡単に書くと、

会社を退職し、ハローワークで手続を済ませ、

早く再就職すると再就職手当が支給される。

その会社で半年後でも勤めているが、離職前の賃金より低い場合、

申請し就業促進定着手当が支給される。

 

という事。

あくまでも簡単に書いているので、細かい条件は沢山ある。

それらは今回省いている。

 

僕も再就職手当の通知が届いた時に、就業促進定着手当は

理解していたし、半年が過ぎた頃に申請すると決めていた。

 

今年の9月位に申請の手続をしよう、と当時は思っていた。

 

2~3か月働き、残業手当も100%支給されるし、

残業もあったし、離職前の日給より少々少ない位と思っていた。

 

そして40日の長期出張もあり、

個人的な予定も11月迄詰まっていた事もあり、

就業促進定着手当はすっかり忘れていた。

 

その出張から戻ってから、仕事が落ち着き残業は無い状態が続き、

現在は収入が少ない状態だ。汗。

 

そこで思い出したのが、

就業促進定着手当

 

申請しようと思い、ハローワークから届いていた

就業促進定着手当の申請は先月の10月11日に締め切られていた。

 

そこで一旦諦めた。

 

ふと、今日の昼休みに気になってその事について検索してみると…

 

2年の時効の期間内であれば、申請期限を切れていても

雇用保険の給付金は支給申請が可能だという事を知った。

 

さっそくハローワークに電話して聞いてみると、

同じく支給申請は可能との答えだった。

 

さっそく明日、必要書類を会社に持っていき、必要書類等を用意してもらおう。

 

僕が個人的に計算してみると、少額だったが、

少額でも我が家の家計には大きな額だ。

 

就業促進定着手当の手続の過程は、今後のブログに書いていこうと思う。

 

ちなみに就業促進定着手当の計算方法はネットで調べると出てきます。

大きなポイントは、寸志や賞与は含まず計算する、という事。

 

給与明細や、ハローワークから届いた書類は残しておくべき。

自分は全て残してあるので、処理がしやすい。

 

これから、仕事を見つけられる方は、必ず上記の書類は大切に残しておく事。

 

宜しければ、アンケートの参加をお願い致します。

今後のブログの参考にしていきたいと思います。

本日21時より一週後を期間として設けています。

ご迷惑でなければ、よろしくお願い致します。

 

ミイダス探す転職から探される転職へ!

 

知らなかった事
再就職手当
就業促進定着手当
健康保険資格喪失証明書
転職時の手続き
 
Created with Online Quizmaker
 

転職に於いての、自分の基準

現在勤める会社が、今年の2月からのスタート。

2019年2月であり、

平成31年2月であり、

令和元年(1年)でもある。

 

今年の年号等は、ややこしい。

 

昭和から平成も経験しているが、

もう既にその頃の記憶がほぼ怪しい状態。

 

その頃は、まだまだ若かった時代だったのは確か(笑)

 

それは間違いない。

 

 

さて、ふと一年前の今頃を思い出してみた。

 

当時働いていた会社の社長と、
面倒くさい状況になっていた時期だったかな…と。

 

丁度一年前のこの時期、下記のブログを書いていた。

 

ketsuochan.hatenablog.com

 

その結果、

ketsuochan.hatenablog.com

 

となった事を、このブログを見て詳しい状況を思い出せた。

 

その後の過程は過去のブログを読んでいただければと思う。

 

現在の職場は、もうすぐ9か月を迎える。

僕の後に新しい方が何人か入ったが、辞めている方が多い。

しかし僕にとっては、充分過ごしやすい環境で働かせていただいている。

 

未経験な業種・職種で注意や怒られる事もあるが、

それでも楽しく過ごせられ、頑張れる会社だ。

 

但し、残業や出張手当等は100%以上の恩恵を受けるが、

それらが無い時は、少ない基本給となるのが正直しんどい所だ。

 

現在、家計は本当に火の車状態だが、

そこは節約して、副業する等して乗り越えていこうと思う。

地域活動もしているが、第一優先は我が家の家計だ。

 

僕の年代になると、転職に於いての自分の基準が人それぞれとなる。

その基準値が、同年代でも価値観の差が大きくなると考える。

 

簡単に言えば、

・自分が辛い職場でもお金を選ぶか?

・お金よりも、将来働き続ける為の職場環境を選ぶか?

 

確かに今がなければ、将来が不安。

でも無理を続けて、メンタル的に働けない状況になる事も不安。

 

それに対しての、個々へのアドバイスは出来ないが、

 

 

どこかしら自分の強い所を1つでも鍛える事。

 

それが僕の経験してきた事の結果論になるかな…

 

年末に向けて、

お金が無いなら、

考えるより先に動いていかなければ。

 

転職が初めての方にお勧めのアプリは、

MIIDAS ミイダス

ミイダス

登録は勿論無料。

リクナビNEXTdoda等が面倒だと思われる方にお勧め。

 

にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ
にほんブログ村 


転職・キャリアランキング