40代、僕の転職履歴と現在、そしてこれから

正社員転職回数計11回、その内40代での転職は3社目の僕。※相互リンク募集中。記事で紹介させていただきます。

健康保険資格喪失証明書、源泉徴収票、年末調整の為の準備…

おそらく、10月下旬迄は公私共に多忙な状況で、

このブログを更新するのも久しぶりになる。

 

その間、このブログが検索されるキーワードが、

健康保険資格喪失証明書なる言葉。

 

その詳細は、下記記事を参照の事。

ketsuochan.hatenablog.com

 

そのブログで書き忘れていた事があった。

 

僕は、大阪府下のとある市に住んでいる。
その市では、上記ブログに記載した通り、
健康保険資格喪失証明書が必要となった。

 

だが、その時一緒に転職しなければ行けない先輩は大阪市のとある区に住んでいた。

 

その先輩は離職票の提示だけで、健康保険資格喪失証明書が必要では無かった。

 

健康保険資格喪失証明書は退職時、必ず自己申請して手に入れておきたい書類だが、
全ての市町村で必ず必要でない場合もある。

 

手に入れてなく、先ず、困っているなら、一度役所に行って相談してみる事。

健康保険資格喪失証明書が必要な場合、嫌な気持ちは分かるが、
悩むよりまず連絡等、動く事。

 

この時期、ボーナス後という事もあり、
この健康保険資格喪失証明書がキーワードとしてヒットするという事は、
それだけ転職の動きがあった、という事だと思う。

 

就業日次第で、保険証を発行する義務が発生する、と法律で定められてはいる。
しかし転職が成功しても、転職先が保険証をいつ、必ず発行してくれるかどうかは分からないいのも事実。

 

転職が成功し、まだ間も無いのであれば、率先して今の内に聞いてみるのを勧める。

 

 

そしてサラリーマンなら必ず訪れる、年越しにありがたい

 

年末調整

 

その時に必要な書類が、

2018年度の、転職前の会社が発行する

 

源泉徴収票

 

退職した会社が例え円満退社だったとしても、
いつ送られてくるのかは分からない。


今勤める会社の年末調整提出書類の期限も早いかもしれない。

 

源泉徴収票の早めの手配をしておくのも忘れずに。

 

住宅ローン控除の方は、より注意して下さい。

 

この時期以降、保険会社から源泉徴収票のはがき等が届くので忘れない様に。

 

 

転職が成功しても、しばらくは転職前の会社に連絡する必要があるかもしれない。

それらが気になって、転職後のストレスの一旦にならない様に…

 

面倒くさい、嫌な手続き等の準備は

今月中に済ませる

事をお勧めする。

 

にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ
にほんブログ村 


転職・キャリアランキング

 

 

僕の愚痴

この三か月前に、
27歳の若い方が採用され、
今でも頑張っている。

 

僕自身、若い人達と一緒に仕事をしてきた経歴もあり、
モチベーションを上げる方法は理解している。

 

その子の扱いに、僕自身が困る事が多いのも事実だ。

昔と今の違いがあるのは事実だが、
自分の世界だけを見続け、悪しきニュース等に惑わされている。

あえて抽象的な表現にするが、
20代後半になって、世間を知らぬ様では正直困る。

 

法律が守ってくれるのなら、
自分は何をしても良いのか、という事。

 

若い子だから、現在僕自身は口には出さないが、
後々話する事も考えている。

 

許せないのは、
僕より年上の人間が、
その若い子と同じ感覚で、
仕事の愚痴を言うだけの人が多いのが残念。

 

年上の人が頼りない発言をする度、
”ありえない程のバブル景気後の被害の第一人者の、僕らの世代の僕が笑顔で、
社会のモチベーションを上げている理由が分かりますか?”

 

と我がブログだから愚痴を書いた。

 

個人論だが、
無責任すぎる情けない年上が多いのも確か。
世論に流され、世間を知るきっかけを知らなさすぎる若い方が多いのも確か。

僕からすれば、自分の責任という言葉から逃げているに過ぎない。

 

サラリーマンで過ごすなら、サラリーマンの流儀を。
そうでなければ、人の悪口を言う前に、出来る努力をしよう。

 

40代だからこそ出来る事を今一度考えてみよう。

 

にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ
にほんブログ村 


転職・キャリアランキング

ハローワークはお盆休みでも通常

2018年のお盆休みでも、
明日の月曜日以降は、
通常通りとの事。

 

転職を考えている訳ではないが、
かなりストレスが溜まってきている。

お盆とは言え、帰る田舎もない。

家族の予定は消化した。

勿論、消化した分、予定は入れているが、

この時だからこそ、無駄でも出来る事をするのが僕。

 

久しぶりに、ハローワーク、いわゆる職安に行って、
自分なりに情報を得てみようと思う。

 

 

にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ
にほんブログ村 


転職・キャリアランキング

 

転職が失敗した理由を、自分の責任と考えられないなら…

 

ようやく正社員採用された会社で、
辛い事があっても頑張れるのか、頑張れないのかという
己の基準は持つべき。

昨年末、僕が入社する前から勤めていた30代の方が退社。
理由は、社長が嫌いだった。

今年の初め、僕より年配の方が入社した。
その方は、社長が嫌いで試用期間満了時に退職した。

それと入れ替わり、20代後半の若い人が入社。
その子は現在も頑張っているが、早くも社長が嫌い。

僕自身も、社長が嫌い。

誰からも嫌われる社長、従業員が少数過ぎる会社にしては珍しい。

社長が問題であるのは確かだ。

そんな社長の詳細は今回割愛するが…

そんな状況で、頑張れそうに無いのであれば、
折角採用された事に未練を思わずに
早期退職を考えて行動する事をお勧めする。

しかし、僕が上記の方々を見てきて、見ていて思う事がある。
年齢問わず”嫌い”という理由で、”無責任”な働き方をする。

”嫌い”は構わないが、仕事は仕事。
やらなければいけない事は、やらねばいけない。
やっていても、教えられた事であっても、
先ず自分で考え、行動しなくてはいけない。

僕自身は、新しく入社した方には優しく、同じ質問でも何度でも教える…が、
それが続くと、自分の働きやすさを作ろうとする努力をせずに、
自分自身がすべき事や責任を棚に上げ、自分の理想だけで行動をする。


社長が嫌いだが、頑張って勤めている僕は生活の為にお金が必要だから。
この会社を退職する時は、起業の目途がたってから…というのが前提だが、
本当に嫌になったら、その前に転職活動を起こしてると思う。

この会社を去る事になっても、決して無責任な行動はしないし、過去もそうしてきた。

生活する為のお金の為に腹をくくって頑張るか、
お金が必要だが、耐えられないから転職を考えるのか、
もっと良い会社に勤めたいから、見つける迄は一生懸命頑張れるのか…

自分の軸はどれでも良いが、
目の前の仕事には責任を持った行動はすべき。


ブラック企業という言葉が出てきて良い事が多いかもしれないが、
その影響でブラック人材も産み出している、と勝手に思っている。


自分に合う仕事を掴むには努力、そして運。

その転職の失敗の理由を、自分の責任と考えられないなら、
転職は繰り返すべきでは無い。

 

にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ
にほんブログ村 


転職・キャリアランキング

 

 

今から始めても遅いと思わない事

今から始めても遅いと思わない事

僕自身、何事に対しても
”この歳だから、これから出来ない…”と思わない様にしている。

 

僕は今年47歳。

 

今からプログラミングを覚えて、自分のスキルにしたい…
今から電気の事を勉強して、資格を取る…
今から絵の勉強をして、素材集なくても書きたい…

 

”この歳だから、出来ない”と思いたく無い。

 

そう思っていても、最初の一歩の行動に移せないのは怠慢だ。

それらを手に入れるには、若い頃から考えると
確かに時間と労力が掛かる事かもしれない。

しかし、”したい”という思いは大切だと思う。

 

僕自身、

社内外の人間と会話する時に、

”もう歳だから、物覚えが悪くてね…笑”という言葉を使う事がある。

でも、心はいつでも、諦めていない、腐っていない。

 

今から始めても遅いと思わない事。

 

 

にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ
にほんブログ村 


転職・キャリアランキング

 

 

転職歴が多い僕が伝えたいのは…

転職歴が多い僕が伝えたいのは…

 f:id:ketsuochan:20180421201115p:plain

 

このブログで何度も書いてきたが、
僕は現在の会社で11社目となる。

 

それだけ転職回数が大きくなったのは、
当時の自分の何かしらの大きな理由があったからだ。
f:id:ketsuochan:20180729201806p:plain

 

それを、他の方から”転職癖がついている”と思われても構わない。
それも事実だと思う。

 

但し、下記のブログを除いては…

ketsuochan.hatenablog.com

 

本当にこれからも仕事を続ける事が難しくなる様な状況であれば、
出来るだけ早く退職する事をお勧めする。

f:id:ketsuochan:20180318181311p:plain

 

しかし、生活等の迷いも分かる。
僕自身、家のローンで家計は火の車だが、
来年成人式を迎える娘、そして小学校高学年の息子が居る。
免許はあるが、車は持っていないのが救いか…。

f:id:ketsuochan:20180729202121p:plain

 

そんな僕でも、何とか出来ている。

 

但し、退職した時点で直ぐ給料を頂ける状況にはするべきだ。
アルバイトや派遣、人材紹介等色々と出来る。

本当に辛く、将来的に働けなくなる状況の方は、
すぐ転職活動と退職手続きをするべきだと思う。

f:id:ketsuochan:20180729202323p:plain
退職願いと退職届けは違うから調べましょう。


上記の様な厳しい状況でなく、
突然上司に腹が立ってしょうがなく、会社を辞めてやる…という
衝動的に転職を考えたなら、そこは踏みとどまる事。

f:id:ketsuochan:20180729202642p:plain


僕個人、11社の転職経験の中で、
世間的にブラック企業と言われても働きたい会社に就いたのはたったの1社。
1割。でもその会社は40代過ぎで倒産。

f:id:ketsuochan:20180515000242p:plain


僕自身の転職方法に問題がある、と指摘あれば頷くしかない。


自分の甘えでは無く、本当にその環境から逃げ出す必要があるのなら、
それは、是々非々で転職活動が必要。

 

自分の甘えかもしれないけれど転職を考えているのならば、
今勤める会社に、少々の我慢をして勤めるべき。

f:id:ketsuochan:20180503075000p:plain


ストレスの捌け口としての転職活動は良いと思う。
それで今の自分も保たれ、あわよくば機会が会えばなおさら良い。


でも、転職先での行動は過去の会社の経歴をゼロにしてからのスタートとなる。
これを簡単に考えたり、ないがしろにしていると
自分の経験を活かせられる前に自分が潰される。


本当に苦しい方は、

転職先が例え辛い状況でも以前の職場と比較して頑張られる事があると思う。

f:id:ketsuochan:20180318181117p:plain

 

本当に苦しくない方は、

例え転職しても同じ環境を作り同じ苦しみに合う事も考えられる。

ketsuochan.hatenablog.com


僕的には、皆さんに現在転職はお勧めしない。


転職するなら、他の人から引っ張られる人材になった上で転職した方が良い。


僕の現在は、引っ張られたは良いが、
クレーマーな性格で、かなり面倒くさい社長だが、
僕が独立する迄には頑張ろうと思う。

 

次の転職は無い。


独立する迄は我慢して頑張ろうという気持ち。

 

僕の転職方法も間違いが多いかもしれない。
でも今までの人生で後悔はしない生き方をしてきた。

 

それだけの肚をくくるつもりで、転職を考えるべき。

 

応援お願いいたします。 

にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ
にほんブログ村 


転職・キャリアランキング

 

 

人を巻き込め

僕個人の昔話だが、
現場での経験もある程度経て、
同業の営業職として転職して他社へ採用された。

僕は産まれも育ちも現在も
大阪の人間。

その営業職で採用された会社は、
大阪営業部で、本社は名古屋にある。

僕が若かったせいでもあるが、
”大阪に、大阪弁も話せないのっ”という程、
息苦しかった。

当時の直属の上司、
当時の直属でない先輩。


こんな会社が大阪にあるとは思わなかった。
と思って、一年後には自己都合で辞める事になる。


しかし、
その会社を辞める際、上司と先輩は
僕が退社する事になって、
次の転職先も紹介して頂けた。

現在、その得意分野であった業種も離れ、
悪戦苦闘はしているものの、

当時のその会社を退職前後は、
凄くお世話になった。
今でも連絡は取りあえる仲になっている。

辛くても、短い期間であっても、
境遇ってのは大切だと、今でも思う。

だから僕は、
今でも、”人を巻き込め”と思っているのだろう、
と思う。

 

にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ
にほんブログ村 


転職・キャリアランキング