40代、僕の転職履歴と現在、そしてこれから

正社員転職回数計12回、その内40代での転職は4社目。

病んでいる

最近、友人(A君)と電話した時、

A君が、とある複数の同年代の人達から転職相談を受けたとの事。

 

A君は僕とずっと連絡を取りあう仲で親友だ。

僕の転職履歴も包み隠さず話している。

 

A君と電話して聞いていると、気になる言葉があった。

 

”転職をしたいと言っている人は、病んでる感じ…”

 

病んでいる?

 

 

親友からの又聞きなので、本当の事は分からない。

 

”病んでる”の意味が、職場の環境なのか、

自分への甘えなのか、今後の心配だけなのか…

そこまでは聞いてはいないとの事。

 

ただ、A君が相談の返答に困った時の返事のヒントとして

伝えた事は、

 

転職に踏み切れない人は、

辛い状況かも知れないが、比較的どこかにゆとりがある人。

僕みたいに転職しなければいけない状況の人間は、

そんな迷いを言ってられない状況だった。

 

転職先を見つけてから退職が理想。

そんな努力もしてきたが、

30代迄は出来た事で、40代以降は出来ない状況。

 

家で嫁が作っておいたお昼ご飯を食べながら、

”これが俺の仕事ではない、早く仕事を見つける事”

と情けない自分の気持ちが、僕の機動力だった。

 

転職を望む人は、

給与環境等の条件は悪くなる覚悟は、絶対必要。

ツテで入社出来ても、自分に合わない場合はより面倒になる事も多い。

その責任感の重さを本当の意味で理解しているのか?

 

現在の仕事内容・給与や待遇を維持した上で、

仕事環境のみを変えるだけの転職であれば、

転職を成功させられる可能性は低く、博打に近い行動。

 

僕個人の意見で、全ての人には当てはまらないが、

転職を考えている方で、
自分や家族、生活スタイルを変えられる努力できない人には
転職をお勧めできない。

 

精神的な事、メンタル的な事で

今後働けなる心配がある職場も経験してきた。

 

本当に辛い時は、

友人等に相談はするが、既に具体的な行動を起こしている筈だと思うから。

 

12回も転職してきた僕だから、言える事だと思う。

転職の辛さなんて、良くも悪くも人より経験してきた。

本当に辛い時は、嫁にも助けて貰ったし、

自分の情けなさと寝ると朝が来るのが嫌で、

寝る前に辛さをSNSに吐露する事もあった。

 

転職は、

自分が正直な気持ちでないと、行動できません。

 

自分の気持ちの甘さだけで、転職はご法度。

転職したいな…と思うのであれば、

先ず現職で自分を変えていく事をお勧めする。

 

きつい表現だが、

しがみつけ。

 

都合が良い転職を、僕達の年代で気軽に相談するな。

必要な人は、既に動いている。

 

にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ
にほんブログ村 


転職・キャリアランキング